俺節(ネタバレ)

日本人全員に観て欲しい。

観てよかった、観てなかったら後悔してしまっていた舞台でした。

 

6月25日(日)大阪オリックス劇場マチネです。

 サイドS席だったのでまったく期待はしてなかったんだけど、一階席なら8列目でとても近い、そして全然見にくくないという最高なお席でした。

ちなみに反対側の席だとしたら安田さんがステージ下へ降りてくるシーンがあったのでそこは少し残念。

 

事前に情報などはあまりいれずに観たので題材に衝撃を受けたな。

ただ安田さんとシャーロットがチューーーーーという情報は仕入れていた。のです。

 

初めて見る安田さんでしたが、想像より小さく、初日舞台では5kg減ったと言っていたけれど、きっとそれから更に減っているだろうなと思うほどの細さでした。

その小さな背中から想像の出来ないエネルギー、歌声、もうただただ圧巻。

ずっとレンジャーで「死ぬ気でやってる」「覚悟してきてください」って書いてたとおり、本当に言葉では表せられないお芝居でした。

あのステージ上には、アイドル安田章大ではなく海鹿耕治しかいませんでした。

 

内容としては、演歌歌手を目指し青森から上京してきたコージ(安田)が、東京でヤクザに買われている不法滞在のストリッパーであるテレサ(シャーロット)に出会い、二人が交わっていく物語。

コージは歌唱力はあるけどあがり症でいつも途中で歌えなくなってしまう。

ただ、シャーロットのことになると自分の想いを歌を通して伝えることができる、という。

そして安田さんの歌を支えるギターを弾くオキナワ(福士誠治)との出会いと別れと再会。

 

まぁ本当に安田さんの歌声はすごかった。

本当に本当に力強い。音も外さない。

ホール中に声が響き渡って、感情が乗せられていて、歌だけで涙が溢れる歌声だった。

演歌、歌謡曲を安田さんがメインで歌うことが多い中、シャーロットさんの美声にもびっくりした。

透き通るって言葉がぴったりで。

ボールドのイメージしかなかったので完全にやられました。

そしてみれん横丁のみんなが集まって歌う姿もとっても心温かで。

本当にみんな歌が大好きで、歌に生かされてるんだなぁって。

 

最後までなかなか報われなくて、ずっと辛くて。

それでもコージの歌のおかげで救われたような。

そしてところどころに笑いも詰め込まれてて泣き笑い。

 

題材が題材だけに、商売物としてしか扱われない女性達の姿は辛いものがあった。

けど、皆さん強くて、本当に強くて、汚い男達になんか負けまいと明るく強く、けれど脆く闘ってるのが印象的だった。

こういう女性達が頑張ってきてくれたからこそ今があるのかなぁと思ったり。

 

西岡徳馬さんや六角精児さんの歌声もまた違った年を重ねた渋みや落ち着きがあって素敵だった。

 

ラストは雨に打たれながらコージがギターを弾きながら歌うんだけど、もう濡れながら熱唱する姿が頭から離れない。

歌うことに全身全霊をかけたコージだった。

愛って素敵だなぁ。

 

コージもテレサもオキナワも、愛に生かされてるんだなぁって。

素敵だよ〜

 

そして誰もが、自分を犠牲にしてまでも誰かを守ろうとする強さが美しかった。

自己犠牲の愛は幸せなのか、不幸せなのか…

 

もうとにかく果てしないエネルギーが費やされてる舞台だった!

安田さん本当にすごい。この公演を1日2回もする日もあるんだから本当に命かけてやってるんだなってひしひしと伝わった。

 

小ちゃい背中から考えられないほどのパワーを感じたよ。

安田さん最後まで突っ走ってね。

最高のカンパニーだよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンツ一丁で、なんでちんぽ勃たないんだ!ってちんちん掴むのもとても良かったよ。

 

 

 

焼き付いた光景

初めてのjumpコンサートから2週間弱たった今、やはり書き残そうと思い認めます。

 

7月30日土曜日。待ちに待った初のHey!Say!JUMPコンサート「DEAR.」大阪城ホール公演。

本当は行く予定ではなかったけど母がどうしても行きたいとのことで毎日血眼でチケットを探し幸運にもお譲り頂けることになり、それが会社での出来事だったため母に逐一電話、二人でアホみたいに喜びました。

 

前日も明日、明日と全てを明日に注ぎ、糧にして過ごしました。

当日は午前3時30分に起きて準備し、まだ暗い道中を二人でDEAR.を車で聞きながら、5時50分初の電車で会場へと向かいました。

早起きのため電車で寝ようと言っていた中、興奮でどうしても寝れず大阪に到着。(母は爆睡)

 

グッズ列に並び、なかなか進まない中暑いので泡盛うちわをパタパタしながら待機していました。

その時、連絡が入り血の気が引きました。

チケットの日にちを間違えていました。翌日のチケットでした。とのこと。

状況が掴めずとにかく頭が真っ白になりました。

ここまで来たのに、会場にいるのに、あと数時間なのに、JUMPはここにいるのに、いろいろな思いがぐるぐると。

とにかく待機中の母に連絡。

還暦を過ぎた母なのでまずは体調、家にはどうしても帰らなければいけない状況、往復5時間かかるので最初は明日は行けないの方向の母でしたが諦めたくないという気持ちは一緒で、今日はチケットをもらって一旦家に帰り、明日また大阪に来るということに決めました。

そんなこんなでグッズ列の4時間はある意味すぐ過ぎました。

帰りの電車の中では落胆の二人。悔しくて泣いた。でも、明日会えるからと気持ちを奮い立て、けどどこか不安で仕方なかったです。

 

気を取り直して7月31日。

グッズはもう買ってあるので気持ち的には楽。

大阪城ホールに行く前に、母がずっと欲しがっていた財布を阪急で買ってあげることができた。

会場に移動しいよいよ…

実感が湧くような、湧かないような。

 

開演。

いろんな感情がごちゃまぜになって冒頭は嗚咽まじりに泣いていて、帰りの電車で「お母さんちょっと引いたわ」と言われる。

ほとんど伊野尾くんしか追いかけてなかったので、コンサートの楽しみ方がまだいまいち下手くそだったのですが、9人がとてもキラキラ輝いていて、それはアイドルで仕方なかったです。

あぁ、これがいつも私を支えてくれる人達なんだ、その人たちと同じ空間にいて時間を共有してるんだと本当に夢心地のようでした。

なので正直内容はぼやっとしか覚えていなく、ほとんど飛んで行ってしまってるようです ;  ; 

 

その中でも一番目に焼き付いたのは、伊野尾くんのピアノ弾き終わり暗転時の両手ガッツポーズ。

伊野尾くんも当たり前ですが人間なんだなと。

同じように緊張したり達成感を得たりプレッシャーと闘ったり生身の人間なんだと。

伊野尾くんの気持ちなんて分かるはずがないけど、その空間を共有できたことがすごく貴重な体験をさせてもらったなと思いました。

 

スタトロでは伊野尾担の私がガチ凹みし、雄也担の母はブチ上げで、そんなこんなでうちわを持つのを忘れ、終了後〜一週間母と後悔の嵐でした。ファンサほしかったな………

 

といった感じで初めてのコンサートを終え、興奮冷めやらぬ中家路へと。

母もとても満足したようで、FCに入る方向で調整中です。

 

本当に今回いろいろと勉強になった初コンサートでした。

ほろ苦いチョコレートケーキの思い出です。

何はともあれ、JUMPが大好きなんだなと、もっともっと好きになるんだな、とひしひしと実感しました。

いつもいつも元気をもらっている彼らにありがとうの気持ち。

 

まだまだツアーは始まったばかり!

体調には気をつけて、笑顔で完走してください

 !

 

 

 

むににのひにむけて

伊野尾くんが好きです。

でも恋愛感情とも違います。

わたしにとって伊野尾くんはなんなのだろうと考えてもわかりません。

でも海のような存在だなとは思ってます。

広くて深くて掴めなくて流されて。

光があって闇があって。

癒されて求めて。

 

わたしが好きになったのは25歳の伊野尾くん。

24歳の伊野尾くんは知りません。

わたしのなかの伊野尾くんは25歳が全てです。

素敵なことでありもちろん寂しいことでもあります。

もっと彼の努力を、生き様を、時を同じくして感じ過ごしたかったです。

でもこればかりはどうしようもないのでこれからに想いを馳せます。

25歳の伊野尾くんに出会えてありがとう。

 

めまぐるしい日々をお過ごしの中、新たな節目を迎える伊野尾くん。

これからもありのままの伊野尾くんに振り回される良くも悪くも楽しい日々を過ごさせてください。

 

むににのひはケーキでも買って密かにお祝いしたいと思います。

伊野尾くんは盛大にお祝いしてもらってください。

 

あなたの作る空気、紡ぐ言葉、華やかでいて儚い表情、どれも大切でだいすきです。

 

25歳の伊野尾くん、さようなら

26歳の伊野尾くん、はじめまして

生まれてきてくれありがとう

 

 

 

 

青色と水色


おこんにちわ。
GWいかがお過ごしでしょうか。
わたしは前半飛ばして死んでいます時間配分下手な哺乳類です。
暇なので平成の青色と水色の組み合わせが好きな理由を書きなぐりました。
良かったら適当に読んでください。


いのゆとを堪能するにあたり避けて通れない美しさについて。
いわゆる美の暴力じゃ〜!
二人の組み合わせの何が好きって顔の美しさ。
美しさといっても一概に言えなくて、整ってるとか、儚さとか、人間の闇とか、似たような二人の持ち合わせた漂う雰囲気。
その点において、二人のふとした無の瞬間に脆さのようなものが垣間見れたとき物凄く綺麗だなぁと思う。
あとはスタイル、体のパーツの美しさ、線の細さ。
まぁこれについては後から書くので一旦区切り。
あとメンカラでもある水色と青色の美しさがどんぴしゃにチョベリグですね。
ツイッター連携するのめんどくさかったからリンクだけどうまくいってんのかな?
前もこんなん書いたけど裕翔は本当空みたいにコロコロ晴れたり曇ったりカミナリ鳴ったりってイメージ。
どちらも透過性があり、水をイメージして光が当たればキラキラ光り、暗にさらせば闇となり、の中に透き通る美しさあり。
私のいのゆとの至高は光と闇にあります。
闇の中の光が伊野尾くん、光の中の闇が裕翔。
完全に個人のイメージです。
はい次!


色気

人を惹きつける性的魅力という意味のある言葉。
二人の性的魅力とは何か。

まず目。
対照的な二人のおめめですが、伊野尾くんはトロンとしたこぼれ落ちそうな目、裕翔はきりっとした意志を感じる目。
どちらも吸い込まれそうな素敵なおめめ。

たまに見れる闇を持った目も好きです。


次は体のパーツ。
伊野尾くんは首まわり、指周りから。
首にはほくろ、喉仏、鎖骨の三種の神器が。
伊野尾慧のフェロモンは主にこちらで生成されていると思っています。
あと軟体生物ですか?と思うくらいよくわからない指先の構造。
綺麗だけじゃなくたまに変な指の形してるのはよくわからないけどエロいです。
そして何よりもその白く細い腕に這う血管。
女性的な綺麗な手に男性的な血管。
たまらん。

裕翔は筋、骨。
鼻筋、腕筋、鎖骨、胸板、線が細くても男らしい。
横顔の鼻が好きで滑り台として滑り落ちたいんじゃ。
私が一番好きなのは鎖骨と腰付近の出っ張ってる骨です。(骨盤のとこ?何骨?)


才能

言うまでもなく伊野尾くんは明治大学を卒業し建築について学んだいわゆるインテリ系アイドル。
裕翔に比べれば多才性は劣るかもしれないけれど、一つの専門に対する知識の量は膨大だと感じます。
いくら大学に通ってても努力をしなければ知識はつかないし、興味を持たなければ学を深めることはできないですよね。

裕翔は本当に多才。
多趣味ともいいますか。
ドラム、カメラ、演技もろもろ。
のめり込みと長期間的な継続性が飽き性の自分にとって尊敬のまなざしです。
恋愛もそういう恋愛(且つ、ねちっこい(小声))をしそうだなと勝手に感じてます。


追ったり追われたり

2人の関係性のベクトルが好きです。
なかなか伊野尾→←裕翔のタイミングの合致に至らない気がするのです。
大半が伊野尾くん→裕翔。
それでいて流すように動じない裕翔。
だけど内心嬉しくてたまんないと思うんだよなぁツンデレ気質なとこというか強がりな気がするからなぁ裕翔。
裕翔の顔がタイプ。スタイルがいい。パリを一緒に歩きたい。裕翔を困らせたい。壊してしまいたくなる。うんぬんかんぬん。
美しい裕翔がとっても大好きなんですよね、はいはい、わかりました。よーくわかりました。

しかしここで朗報。
最近裕翔→伊野尾の矢印が目に見えてきた…!
地球が逆回転をいきなり始めたから目眩が…
伊野尾くん手が綺麗、顔が綺麗、頭ポンポンしてほしい。
あぁ…もう分かったよすれ違ってばっかだけどお前ら本当は両思いなんだろう…どうせ10年後の同窓会で発覚してドギマギするやつだろ…誤差生ませてんじゃねーよお互い向きあえよ……
まぁそれでも一方通行な感じが好きです二人がすれ違ってるところがたまらなかったりします。

ざっとこんな感じで何のまとまりもなくただ書きなぐりました。
最後に関係者各位いのゆとは後世に語り継ぐためにも美術館に展示してください終わりちゃんちゃんこ。

かんびねぃしょん

伊野尾くんをベースとしたコンビのイメージについてつらつらと。

いのやま

向かう所敵なしコンビ。
顔面、はい強い。
顔面、はい強い。
顔面、はい強い。
曲げない心、はい強い。

いのちね

いつも二人でこそこそ話してブス女を嘲笑っているカースト高い女子ズ。(ごめんなさい)
いや二人の可愛さランキングと黒さランキング同率一位故にだから…(当社比)

いのけと

平和の象徴であり、ふわふわであり、未知数な化学反応を起こし雲をも発生させそうだし爆薬も生成されそうな二人。
よって、怖い。

いのゆと

私の贔屓が止まらない。
美と美。空と海。光と闇。
思うことがいろいろありすぎるから言わない。

いのあり

運命共同体?一心同体?
お箸とお茶碗。えんぴつと消しゴム。歯ブラシと歯磨き粉。
セットが当たり前で、どちらかが無くては困る存在。

いのたか

芸達者。
いやなんていうのかな…とりあえず括りはお笑い…というか楽しい気分になれる。
雄也のリアクション芸と伊野尾くんのすべり芸の温度差が好きなんです。

いのひか

猫枠。同じ猫でも派閥が違うニャンコ。
かといって争うわけでもなく馴れ合うわけでもない程よい距離感。
情が深いから助け合いは得意。
そんな二匹が合致した時はっょぃ。

いのやぶ

戦友であり悪友であり、表面上より芯で繋がってる二人。
二人にしか分かり合えないものが多すぎそうで隙がなさそう。
どちらかが知らないところで悪く言われてたときは一番に噛み付いて庇いそう。


個人的なイメージと嗜好です。
みんなうぉーあいにーいぇ〜〜〜〜〜〜!!!!!





彼を取り巻く世界


まわるーまわるーよ時代ーはまわるー
ということで目まぐるしく世界が回されてます時代は平成のまま。

最近見ないことはないって言っても過言ではないほどのご活躍。
おねむ男子伊野尾さん、寝れていますか?
求められることは自信に変えられますか?
それとも不安ですか?
人に求められることは嬉しくもあり怖くもあり。
環境が変わったとて伊野尾慧は伊野尾慧であって、伊野尾慧でしかない。
それが一番のご褒美です。


たまには白米3杯食べてね!!

人の感情の持続性というもの

まだ好きになって半年ほど。
もう半年、まだ半年、されど半年。
捉え方は人それぞれであります。
ましてや対象物はアイドルです。
対人だけど対人感覚の無い変な感情です。
その持続性について。

わたしはそんなに人を好きになったりしなくて
惚れっぽい性格でもなくて
おまけに熱しやすく冷めやすい面倒くさいタイプです。
恋愛感情に捕らわれすぎる生活をするのが嫌だから、一人の方が気楽だと言ってしまう面倒くさいタイプです。
人とのお付き合いが持続したのも長くて一年。

趣味も同じく、はまりにはまるものはあってもすぐ飽きて続かない。
なので特技もできない。

音楽も同じく。
ハマったらとことんハマるけどいつの間にか感情が散らついて行方不明。

話は戻り、そんなこんなでこの間FC申し込みをしてきたわけですが、
自分にとってはすごい行動だな〜と。
今まではバンドやグループ好きになってもどうせ飽きるだろうから、と避けてたのですが。
自分にずっとこの人達を好きでいるだぞ!と脅迫観念を打ち付ける行為にも思えたりするんだけど、
そういう訳でもなく自然の摂理のような心のあれで…(笑)
でもゆるーっと好きで居たいな
誰でも感情の起伏の波は絶対にあって、
同じ熱を同じ量で注ぐことはできないと思う。
今の所ずっと熱を持って好きを続けてるけど、
できればニュートラル(伊野尾慧語)な状態でいたいな。

私の中では新しい実験のようで毎日が楽しい。
アイドルを好きになることは、振りも振られもせず恋愛の過程で一番楽しい片想いがずっとおいしく味わえるのです。
たまにまずい時もありますが。

おわり